母親がうつ病で接し方に思い悩む子供は増加しているけどさらにう認知症にもナチ介護をすることになるケースも。

うつ病より認知症の介護のほうが認知症だから…ということで比較的ラクではあり、でもうつ病となると大変さがパワーアップします。

母親の認知症とうつ病の看病は家族の心も暗黒


認知症になったらうつ病とは別物だと思っていたけど同時に併発することもあるんですね。介護している女性の話を聞くとそれはそれは気の毒で。

うつ病でも様々な症状があり、被害妄想を抱える場合には認知症とあいまってネガティブな悪口を増長させ、一生懸命介護していてmお心無い言葉を浴びせられることも。

いっそのこと、いなくなればいのにと心底思うまでここが暗黒になってしまいます。親だから介護をするのは当たり前で理解はしていてもうつ病という他人に理解されにくい病を抱えている人は実は他人のことも理解できないこともあり

突発的に罵声を浴びせたり、反省によるネガティブシンキングで自殺したい、生きている価値がないなど自傷行為に陥ることもあり。ソレが認知とあわさったら…。

病院に運ばれた時に、娘や息子が死ねと行ったので死のうとしました。などと本気でいうこともあり、身内は本当に手を焼いてしまいます。感情のControlができない人に感情で介護をするととてもつらく、身内だからこそ地獄絵図にも…。

あっさり、他人に任せたほうがお互い幸せだと思う。しかしながら施設に預ける余力がなかったり自分が見ないと、と責任を持って一人で抱えてしまい、介護うつになっている人もいます。

一人ではないので手遅れにならないように、周りに救いを求めたり理解してくれる同じ立場の友達を見つけるなど、自分自身のメンタルケアを必ず行うことをおすすめします。

子供の頃からうつ病の母を看病し、ウツ病をほぼ克服した矢先に今は認知も入っているけども、認知症のほうが本当に楽です。ソレは母がネガティブにならないから。認知症でいろんなことをすぐに忘れることに対し、イライラする事もなく看病できるのはきっと、幼少期にうつ病の母に罵られてきたことから、今はありがとうと笑顔になっているからだと思う。

これが、もしうつ病もまた再発したら寝てるときにもずっと気が病んでしまう毎日がまた戻ってくる。雄叫びや鳴き声、被害妄想、文句、愚痴。何を話してもネガティブに捉える。そして自傷行為。。。

今うつ病と認知で介護している人のことを思うとお疲れ様ですとお辞儀をしたい。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら