私の母方の身内は立派な家系だ。子供も子供の配偶者も全員公務員、孫も公務員を目指すというという絵に描いたようなガチガチの曲がったことをすると人間でないとまで言いかねないほどの世間体を気にする一家。

だから故に母親は私達も出来損ないで肩身が狭かったに違いない。



発達障害とうつ病の母を身内の心無い攻撃から守るのは私しかいない


彼らは、人を見下す。常に上に居ないといけないし頑張らないといけない。もちろん努力は立派だけど、孫でも一人落ちこぼれがいると、非難し、そして総いた事を隠す。人間性を認めないのだ。

落ちこぼれの孫に対し、家の母の血を継いでいるなどと、出来損ないは母のせい、いや、関係ないし。育てているのはそちらで、全くセ店がないのに、悪いところはこっちのせい。

まあ、そういう人もいるだろうと言葉を飲んだとして。

母ができないことが多く、片付けや掃除や人とのコミュニケーションなど、こういうことはきっと子供の頃からそうだったに違いない。ただ、末っ子だったから可愛がられて、できないことには手を差し伸べてもらい、主婦になれば治るだろう、できるだろうということで嫁に出したんだと思うし、まさか発達障害だなんて思わないしそんなこと気が付かない時代だったと思う。

それは仕方ないとして。

未だに親戚で集まると母のことを軽くディスる、まあいえば

  • 頑張りが足りない
  • 怠けている
  • 私のほうが大変なのに頑張っている
  • あなたはなんにもしない

といった具合だ。私もそう思っていた時期が長くあったので、母ができない女、というレッテルに対して心の傷に気づかなかったけども、今はできないことに対して努力をさせるよりは、できないことのサポートをしつつできることをキープするという考えに至った。

母自身もできないということに気がついていないし、何が悪いのかがわかっていない、ただ人格否定をされているだけだと思っているので改善をするという発送もなくただただ、文句を言われていると思ってまたうつ状態に陥る。

母は言葉の読解力もないから遠まわしに言ったり略した会話をすると全く頓珍漢な発想になるし、正しく伝えても真っ直ぐに受け取れないんだからそりゃ苦労する。

話の途中で全く違うニュアンスで言葉を遮るので、いや、そういう意味じゃなくて、ということの多いこと。盛り上がっている時に、腰を折られ頓珍漢なことを主張されると話のリズムも途切れる。

子供の頃はそれで本当に毎回イライラしたし話す気力も失っていった。相談しても意味がないし、っと。それでいつの間にかうつ病だといわれなおさらもうコミュニケーションが難しくなった。

ぢかしこういったことを母方の身内に話してもきっと 頑張りが足りないだの何だの言うだろう、きっと子供の頃からケアしてきたら、母もこんなにいきづらくなかったのに、父とも結婚しなかったのにと思うと心底母を身内の心無い攻撃から守るのは私しかいないと思う。

こういうことを書いたのは、もうすぐ身内の集まりがあるので、母に心無いことをいう、母方の身内にたいする思いが募ってきたから。

昔は私も母を疎ましかったのにね。発達障害とうつ病と高次脳機能障害のミックスで色々勉強したおかげで、どう努力してもわからないできないということがあると理解できたからかな




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら