先日、TV番組の公開大捜索にて、記憶喪失の白井優さんと63歳と推定される記憶喪失の女性が出ていて、番組内で実の姉やからの電話でマエダエイコさんではないかということが判明した。

もちろん、ネットの声ではヤラセとかいろんないわれがあるけれども、内容の真意はともかくただ番組のストーリーからして介護中の自分としても感じるものがある時間であった。



公開大捜索・記憶喪失のマエダエイコさんの事を見て


実の姉とされる方の言い分では、栄子さんが脳梗塞の兆候があり入院をしていて、その後静岡にいる独身の息子のもとで一緒に暮らすこととなr、その後連絡が取れなくなっていたとのこと。

この瞬間に思ったのが、脳梗塞であれば後遺症により記憶障害があったり認知症に似た症状が出て家族も困っていたのではないかと思う。

ただ、水筒と帽子というものを持参していたとのことなのでなにかしら体を気遣って家を出ている、もしくは出されたのではないかと。

ここで息子はなぜ探さないのか?普通身内に連絡しないか?実姉からの電話になぜ出ない?

え、お母さんを捨てた?s\いなくなってせいせいしている?年金を搾取しているのでは…。と息子の愚行が憶測されるけど、逆に息子さんも何かしらトラブルがあったり精神的に介護うつになていたりしているのかもしれないなんて考えたり。

この情報が正しいかは別として、ドラマとしてみた場合と同じように、なんだか息子さんと母親の関係について考えてしまった。

もちろん、実の姉も何故連絡が取れないままにしていたのかもわからないし、息子さんが何故探さないのかも真実はわからない、ただただ、これを見た現在親の介護している人にとっていろいろ思いを巡らすことがあったのではないかと思う。

限られた時間でその後の結末はわからないけども、私も母が今後徘徊したり認知症になってしまうとどうなるんだろう、今は必死に探すつもりもあるし、身内への報告もしっかりするつもりでいる。

しかし、精神が今以上に壊れた場合に、どういうことが自分に待っているかも想像できない。だって、まさか自分が介護で鬱になると思っていなかったから、その先にもっと悩むことがあり心を失うこともあるかもしれない。

そして番組に戻り、息子は捨てたのではない、なにかあったのでは?と思いたいという希望もあり、もしや?ということも。これが真実かはわからないけども目の前で得た情報だけで捉えると、介護と家族の現実をいろいろ妄想してしまった。

なんていうのかな、100%情報を信じないようにしているのはいろいろ親身に考えていた結果、出来レースで馬鹿を見たくないかもしれない。とにかく自分は見て感じたことで自分の生活も見つめてみよう




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら