私の母は10歳の頃にはすでにうつ病だった。気がつけば塞ぎこんで泣いたり発作を起こしたり過呼吸になったりいつ死ぬかわからない今日とともに暮らした。気を遣って話しかける、そういう看病のような生活がストレスになり外で爆発した。




爆発と言っても、大人に反抗するといった学校で言うことを聞かない子供、勉強も放棄して遊んでばかり。誰にも相談できないので誤解を受けるけどもそんなことはどうでも良かった。理解してもらうつもりもなく、ただ反抗する。

前にも書いたけど、学校をサボり、親が呼び出される予定が、父親がうつ病で入院し、母親は看病で来れなかった。その時に笑ってる私を殴った先生が、父親が自殺した時に謝ってきた。悲しいことを抱えていたのに気が付かなくてごめんと。その時ざまあみろっと思ったけどおとなになると先生は優しい人だなと思う。きっと本当に私を殴ったこと、胸をいためただろう。私だったらそうだ。

そうやって不器用に暮らしてきて、彼氏もできたけど心は閉ざしたまま、父が自殺したことも彼氏に言わなかった。死んだことすら言ってない。そうやって誰にも相談できないストレスは過食して消してきた。それがたたって、貧乏になっても過食をし、公共料金よりも過食ととんでもない神経をしていた。

今はお酒も過食もやめている。お金がないのもあるけどアルコールがうつ病を引き起こす可能性があるのを見たからだ。ソッチのほうが怖いからピタリと辞めた。お酒を飲まないと、お酒を呑むために買ってた食べ物を買わなくなる。こうやってなんというか自分の中でいろんなことを素直に受け止めて心のバランスを取っていこうと思うけど

家族のうつ病の看病というのは家族の気持ちも蝕んで鬱々した気持ちになるから要注意だ。どっちもが苦しくなる。それを他人に相談しにくい、だからこそカウンセリングなどが流行っているのだろうけども、二の足を踏んでいる人は、こちらを見てみるのも良いかもしれない↓

⇒ 家族や大事な人のうつ病で一人でお悩みなら





この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら