父親がうつ病で自殺をしたことはわかっているけど、根本的な理由や、その時の衝動や葛藤、言い残したかったことなど私は何も知らない。

遺書があったのかそういうことも知らないで生きている。家族の中で父親の自殺はタブーだし、母から語られることもない。

ただ自分で妄想して答え合わせをするしか無いのだ。



自殺遺児・一生答え合わせが出来ない苦悩を重ねて


子供の頃の出来事。思いに蓋をして人生とはそんなもんだ、人はいつ死ぬかわからない、自殺した父は弱い人間だ、自殺は逃げだ、自分はそうならない。

そう思って20年以上経過した。

世間でも自殺のニュースを見ると

『自殺は絶対してはいけない』
『自殺は逃げで弱い人間がするもの』

という意見が多く、自分の父親が自殺したことなんて恥ずかしい、生きていくのに言ってはいけないことだと思って父の話になると話題をそらしたりしてきた。

答え合わせが出来ない。

何故死んだのか、自殺なのか?うつ病が殺したのか?他人の言葉に傷つけられたのか、自分が傷つけたのか、自分は父親にどう思われていたのか、恨まれているのか?愛情がなくて捨てたのか?そういうことが本当にわからないけども

子供の頃は見捨てられた、子育てを放棄したのだとも思っていて大人を信用すること無く大人に頼らず、自力で生きていくすべを見つけるために必死で涙も見せない、弱い所も見せないと思い暮らしてきて

いつも『君は一人で生きていける』『どこでも生きていける』

そういわれてきた。自分もそうでありたかったので良いけどもその反面より一層甘えることが難しく、相談できずに自己判断で道を踏み外してきた。

YOSHIKIさんが自分お父親の自殺を告白したインタビューで同じこと言っていた。

『一生答えが出ない悩み、本人にしかわからない傷み』

だと、、、まさにそうだと思うし、自殺遺児それぞれに思いはあって『答え合わせが出来ない』という部分に関しては誰もが深く共感すると思う。

その答えが見つからないから何かで埋めて没頭する。その方向性がYOSHIKいは音楽で、音楽がなければ死んでいたかもわからないと言ってたのはとてもわかる。

自分も仕事仕事、他人のため、とつくしに尽くして出せない答えを埋めるように生きてきたということをこの歳になって初めて気づく。

今まで相談持っで傷事情も知らない人だらけでかつテレビや雑誌を見るゆとりもなく働いていたので自分がトラウマで苦しんでいることがわかるわけもなかった。

君は強い、君は気楽でいい、君はどこでも生きていける

そういわれればいわれるほど、そうでなくちゃいけないと思っていたし、今でもそう思っている。この生き辛さに関して恨むこともなく受け入れて付き合っていく。

ただ、同じ境遇の人に対しての相談や支えにはなりたいと思う。YOSHIKIさんも、宇多田ヒカルさんも音楽で成功し、自殺遺児のためにできることをしている。その姿を見るとなんて自分は無力なんだろうと思うけども、自分もしてあげれる人物になるべく前に進もう。

答えは一生でないのだ。

しかし…答えを出さなくても許せる出来事が起こった。
追記⇒ 許すことと自殺遺児という呪縛からの開放
追記⇒ 母はうつ病の前に発達障害で父と娘はカサンドラ症候群なのかも…




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら