重いタイトルですがその通り、父親がうつ病発症して、入院してから自殺するまでを記載します。この記事は⇒ 父親がうつ病に?仕事のストレスで家族が崩壊にの続きです。走り書きではありますが細かい部分はまたブログに書いていきます。




父が左遷になり今まで会社のために築いてきたことが他人に地位を取られたという失意から単身赴任先でうつ病になりました。正しくはもうすでに発症していて引き金になったのだと思います。

阪神大震災での思いやりもアダに

阪神大震災の時に部下や取引先が被災をし、父は自分のポケットマネーで資金的援助と物資的援助をしました。何かできることがないかとサポートをしてきたのですが左遷になる際に助けた部下などが全員、そっぽを向いたそうです。もちろん見返りを求めてしたわけではないけどきっと虚無感をもったことでしょう。

仕事仕事でストレスを持ち込んだ家族はバラバラだった

前回書いたように仕事のストレスを持ち込んだ家族は父のことを憎悪と恐怖感しか無く、家族のために働いていたとはいえいざ辛い時には家族の心は父にはなく、帰ってくる場所でも拒否。無視されていた。だから一人でうつうつと悩んでしまった結果どんどん心の糸が切れてしまったのだと思います。(今ならわかりますが、)

父がうつ病で休職し入院することに

あんなに強くて怖い父がガリガリに痩せて青白い顔になりました。そんな姿を見せたくないと、父は子供の見舞いを断り私自身もまだ憎悪があったのでお見舞いに行きませんでした。そして退院して自宅療養をしていましたが、不眠や薬の副作用的なもので家で暴れたり急に飛び降りたり奇声を発したり奇行が目立ち始めました。

とある時は足音も癇に障るようで、殴りかかられそうになったこともありトイレにいく事自体を我慢する生活に。(このトラウマで私は行ける時に行っておかなければと、尿意がないのにトイレに何度も行くようになりました。)

そんな日々が続いたので、腫れ物を触るように暮らしていて母も自分が鬱で寝こむことも二の次になり、看病をするようになりました。そんなある日父に呼ばれましたが私は無視をしました。こんなことは日常茶飯事だったのですが…

父親を無視した翌朝自殺を知る

早朝パニックになる母に起こされ、父が自殺したことを知りました。青白い顔ですでに横たわっていました。白い布を外したらまたあの鬼の形相が出てくるのではないかと怖くて布をめくることはできませんでした。そう、これで静かになれた、開放された。さあ私たちは母親とどうやって食べていこうか。子供の私は素直にそう思ったのです。

いざ葬式の時に、話を聞いてやれなかったと後悔の涙を流す父の知人の姿が印象的で、父の死よりもこの知人の悲痛な思いに涙が出そうになりました。死んだ人は終わりだけど残された人はずっと傷を抱えていくものだ、暮らしは続いていくものだ、まだ学生の私や弟を捨ててまで死を選ぶのは父にとって私のことは大事ではなかったんだ そう思いました。

親の愛情がわからない確認ができない自問自答

親に捨てられた、必要とされていなかった。いつも怒りをぶつけられ、愛を感じたことがなかった。そんな子供は他の家庭の家族団らんや家族愛を観ても違和感があり居心地も悪く、ドラマの世界でしょとしか思えなかった。

今でも父の気持ちはわからない、もう確認もできない。病気がそうさせたのか性格か、本当に愛がなかったのかわからない、ただ残された家族にはそれぞれに大きな病を残したことは事実。それは自殺という一つの出来事ではなく、ずっと積み重ねてきたこと全て。

環境は気が付かないうちに人格を生成する。生まれ持ってではなく、環境が左右するものでもある。当たり前に育ってきたことが社会に出て人と違うと気づいた時に色んな歪みが出ながらもそれでも気力でクリアしてきた。愛情を感じない父親みたいになりたくないと強く思う気持ちが糧だった。

でも実際になりたくないと思ったうつ病に自分はなっているかもしれない。現に私は摂食障害であり、アルコール依存症の手前(今、うつ病になる自分が怖くなって禁酒をしている。)

一つ言えるのは、眠れる屋根のある家がありご飯が食べられる生活ができたことには感謝している。これをすること自体が本当な難しいことで当たり前ではなくて父が病になるほど働いてきたから。居心地が悪かったとはいえ家族が寝食できる場所を築いたことは父に感謝と尊敬の念を抱いている。

それは私が社会人になって生活をするのに非常に貧困だったから。相談できる大人がいなかった分、社会人になって感情的な判断しかできず人助けにと借金の肩代わりなどをしたり借金まみれ。働いて家族を養うというアタリマエのことすらできない私。その話は別の記事にて。

追記:新しい気付き⇒カサンドラ・アダルトチルドレン・摂食障害の理由…父親の自殺も許せる


死別を体験した子どもによりそう [ 西田正弘 ]

関連記事⇒ 自殺遺児・一生答え合わせが出来ない苦悩を重ねて
後に気づいたこと
⇒ うつ病で父が自殺した気持ちが少しわかってきた。捨てたんじゃないかも
追記⇒ 母はうつ病の前に発達障害で父と娘はカサンドラ症候群なのかも…
追記:新しい気付き⇒カサンドラ・アダルトチルドレン・摂食障害の理由…父親の自殺も許せる




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら