光で起こす目覚まし、というのが不登校のお子様だけでなく社会人でも朝起きれずに非常に困っている、という方にも感謝の声が届いているようです。睡眠障害はうつ病の原因にもなったり、うつ病が治りにくかったりする重要な問題ですよね。母も全く起きれなくてつらい思いをしていました。

お子様の場合は学校の問題もあるので切実ですね。


起床時に光を浴びると朝起きるのが楽になる3つのキーワード

いじめとかで学校にいくのがつらいというケースもありますが朝起きれないために学校に行くことが憂鬱になったり、その気分が原因でコミュニケーションがうまく図れないなんてこともあり、朝スッキリ起きることができるだけで生活が変わります。

朝スッキリ目覚め、夜ぐっすり眠るのにはこの3つのキーワードが大事です。

  1. セロトニン
  2. メラトニン
  3. 体内時計

この3つがどう睡眠効果をもたらすのかは公式ページでも確認していただけますが、その前に、今まで使っていた目覚まし時計はどのようなものだったでしょうか?思い出してみてください。朝起きるのが大変な方は

スヌーズ機能を使って何回も振動と音で無理やり起きている

というケースは非常に多いと思います。このような起床の方法がさらに自律神経を乱れさせる原因になるそうです。音や振動で起こされるということは眠っている身体をドキッとさせることでもあり自分で悪い環境を築いているのです。

お子様の場合は『起きなさい!』といわれ余計に嫌な気分になることも。朝から怒られ時間にせかされることでも自律神経が乱れます。そういった自律神経の乱れを起こさないようにするのが光です。

inti(インティ)は不登校の保護者に評判。体内リズムを整える光で起こす目覚まし

朝起きられないという悩みを持っていた人が
光目覚ましinti(インティ)を使うようになり
81%の人が朝起きるのが楽になったと言っています。

光目覚ましinti(インティ)
こちら⇒ 朝起きるのが辛いという81%の人が楽に起きられるようになった光目覚まし時計とは?


朝日を浴びて自然に起きると気持ちの良い目覚めを迎えることができます。、しかし、室内環境や住宅事情により、朝日を浴びることができない人も多いのも事実。起きる時間も日の出も人によって変わりますので朝日を浴びたくても浴びれない人もいます。そういった方におススメなので、使っている人の声も読んでみてください。

ページはこちらです↓