父と母がうつ病で、うつ病は感染病ではないので絶対に自分はうつ病にならないように強い意志を持って生きてきたけど、

いつの間にやら自分もうつ病ではないかと怖くなったり、発達障害なのかもと怯えたりしていくうちに、やはり遺伝というものはあるのかもと調べると

環境や感情ではどうしようもない培ったものがあるような気もしている。そんな中、心底くずな親戚がいて自分も同じ轍を踏まないかと恐怖だ。



常識を大幅に外れた親戚の遺伝子が流れている恐怖


祖母の葬式で知ったことだけど、その親戚の親父とおばさんはとにかく若い頃からお金にルーズで使うのは結局ギャンブルとお酒。その中で男女関係なども含め正直気持ち悪い人生を送っているようだ。

そしてそのおばさんの子供も同じようなことをしているし、お金の価値観や常識がかなり違っていて恐ろしい。

しかしながら、自分もお金もないし摂食障害からの多重嗜癖でロト依存に陥っているし、まともに働いてきたけど糸が切れてしまって今はもうクズ人間。

救いはうつ病を恐れてお酒をやめていることと、仕事を頑張ってきたことのスキルが若干自分の残っていること。ようは気持ちの弱さとか様々なことに打ち勝てるとまた普通に戻れるのではないかとは思っている。

でもそれは自分が気が付かないだけであって実はその親戚のクズの血が自分にもあり、どんどん人生が堕ちていく恐怖を感じながらも買われない自分もいてとても苦しい。

悪い手本がいるがために自分はそうならないという学びを得ることができ、頭でわかっていてもコントロールできない状況になっていてこのままではこの人達と同じ歩みをするのではないか。予想しているのになぜ変わることができないのか。なんとか打ち勝ちたい。

父の自死まで遺伝したくない、コントロールできるのだろうか…。でも人のせいにせずに自力で這い上がる気持ちを取り戻さなきゃ。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら