ウツは感染症ではない、でもうつ病と携わると精神的に引っ張られることもあり、鬱状態になることがある。また、配偶者が発達障害の場合、カサンドラ症候群とやらになるらしい。

実際に自分の家族を振り返ると当てはまることがとても多いのだけど環境を自分で変えればなんとか抜け出せると思っていたけど最近は血縁でやはり遺伝的なものもあるのかもと思えることもある



精神疾患は家系で繰り返す?叔母やハトコのこと

もちろん専門家ではないし、宗教的なものなどの知識は持ち合わせていない。

しかしながら、

最終的にうつ病で自殺した父親は、母親の発達障害に対することからのカサンドラでうつ病で自殺という答えを自分なりにだしたんだけど

父方の叔母(祖母の姉妹)も自殺をしている。

また、母の発達障害疑惑だけど、母方のハトコも中学生で発達障害だ。

そして父方の叔父はギャンブル依存、祖母は姉と似た人生の失敗をしている。

血筋とか関係ないと思っていたけど培っているものってやはり引き継いでいるのかなと思うほど、誰かが誰かと似た傾向があるということを感じる。

しかも一緒に暮らしているわけでもなく交流があるわけでもないので生活環境が同じだからそうなっったということでもない。

たまたまたくさんの人間が恩智ことをする中で身内がバッティングしたせいなのか?はたまた、、、

昨日今夜くらべてみましたで きんさんぎんさんの娘さんが出ていた。きんさんぎんさんも長寿だったし、娘さんも長寿、こういうことが遺伝であればやはり疾患も遺伝になるのかしらね。


言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
I 努力は遺伝に勝てないのか
1:遺伝にまつわる語られざるタブー
2:「頭がよくなる」とはどういうことか――知能のタブー
3:知識社会で勝ち抜く人、最貧困層に堕ちる人
4:進化がもたらす、残酷なレイプは防げるか
5:反社会的人間はどのように生まれるか

II あまりに残酷な「美貌格差」
6:「見た目」で人生は決まる――容貌のタブー
7:あまりに残酷な「美貌格差」
8:男女平等が妨げる「女性の幸福」について
9:結婚相手選びとセックスにおける残酷な真実
10:女性はなぜエクスタシーで叫ぶのか?

III 子育てや教育は子どもの成長に関係ない
11:わたしはどのように「わたし」になるのか
12:親子の語られざる真実
13:「遺伝子と環境」が引き起こす残酷な真実




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら