私の母親はうつ病。子供の頃からうつ病で笑っているところをあまり見たことがない。不仲の父と息の詰まるような家で暮らし、父と母の不満のはけ口は子供に向かう。そんなつもりはないと思うけど実際にいつも父親に怒られ、母親は塞ぎこんでいた。

うつ病の母親への接し方と関係性

子供である娘の私は父が母を罵る姿が許せなく恐ろしいものであった。かばおうとしたら今度は私が意味の分からない正座で説教2時間コースを食らう。部屋に逃げるしかなかった。うつ病の母親との関係は当たらず触らずの関係。どちらも自分の身を守ることで必死だった。

いつも母が可哀想だと思っていたけど思春期になると母親も父親もうっとおしくなる。私の反抗期の親に対する態度は非常にひどくヤサグレ可愛げのかけらもなかった。自分でもこんな子供持ちたくないと思う。自分みたいな子供ならいらない。

母が口を開くと ウルサイっと逆ギレをしたりした。うつ病の母に対しての接し方も気を遣っているようで、母親がうつ病だということを知らないので掃除をしない母が嫌になった。あんたさえ綺麗にしてれば父も怒り狂うことはないと思っていた。

神経質な父の逆鱗に触れる要因を作っているのは母だ。なんで怒られるのに掃除しないんだろう。100回以上、いや1000回は同じことで罵られてる。でも母は片付けられない人だった。そして父はきっと掃除をしないことが問題なのではなく母の全てが自分の価値観とあわなくて嫌だったと思う。

離婚する。お前は田舎に帰れ

父はよくこれをいった。そしてどっちについていくかを迫られた。私は母親が泣いているから可哀想だと思って母親だと言ったら父は、お母さんを泣かせるお父さんが悪者だと思ってるけど違う といった。意味はわからなかったけど、多分父は歯のことが生理的に合わないのだろう、

仕事人間とか言いながら会社の事務員と不倫もしてたしそれも要因かな。私たちは捨てられる。いつ親が離婚しても構わないように、母親を守る力を身につけねばと思った。それが私自身の仕事依存になる始まりの思考。小学生の頃から自立という課題が自分の中にあった。

うつ病の母親のこと嫌なのに守りたい

うつ病
自分が迷惑をかけている、自分がうつ病の母との関係を悪化させている、自分がうつ病の母親の接し方を間違えてる そうやって自分が悪いとずっと思い込んで生きてきた。人に恨みをぶつけるより、自分が悪いと思うほうが気持ちも楽だった。これもある人いわく、摂食障害やアダルトチルドレンの原因らしいけどね。

きっと私みたいにうつ病の母親との関係や接し方で悩んで自分のせいにしている人、もっといると思うな。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら