私は子供の頃からうつ病の母親と接してきて精神的に子供と親の立場が逆転になり、甘えることよりも気を遣うことが先で、うつ病が理解できず、母親として嫌いだったし、時折陰に陥ることで発想がとんでもない方向になるのがウザくて仕方がなかった。

今はおとなになり、介護状態になった母、
⇒ やばい私も母娘の共依存かもしれない…介護で気をつけること
にも書いたけど、なんとなく…気づきを得た。



うつ病の母親が嫌いでうざくて接し方にイライラする私の原因

全ての答えではないけど…なんとなくピースがハマる気がする。

私はいつの日からか介護が始まったときに

母親を見下していたんだと思う。

言い方が悪いけど、わかりやすくいうと子供の頃から立場が逆転し、今は介護状態になり、母は私がいないとだめだと思っているのかなっと。一度出て行けって捨てられているのに…。クビも絞められたことあるのになあ。それでもいなきゃと思うことはバカだと思われるだろうけど病気がそうさせたんだろうと思っている。

私が世話をしていることで考え方が鬱的な母を思い通りの感情にしたくて、そんな考え方では辛いだけだからこう捉えてみては?など自己啓発のような考え方を説いてみせたりしてなんとか前向きにさせようとしたり、

こんな趣味を一緒にしようと趣味をあてがってみたり本をあてがってみたりと良かれと思ってしていることもきっと共依存の関係で(あてがうって時点でね…。)

自分が世話をすることが気持ちよくなっている(優位になってるの意味)

だったんだろうなっと。

子供の頃からもう母親として全く頼っていなくて、過去のブログにも書いているけど母は自分のことで精一杯なので相談事しても無駄だし、どうせあなたが悪いんでしょ?という考えで答えは仕方がないじゃんあんたが悪いんだから しかでてこないので。これは今でも…。

いつの間にか、高校生の頃からバイト代で母に何かを買ったり色々出かけたりしてきた中で、いつか母は私が看るものと決めて生きてきたから、実際そういうことになり

幸せにしたいと思う反面、どこか共依存の夫妻の関係のように、私が稼ぎ、母を守るという関係が愛情というよりは義務になっていて、どこk打で自分が優位で気持ち良いのだろうなと。

かといって現実その立場は変わらない。

依存する側は依存される側のパワーを恐ろしく吸い取る。そしてされる側が力尽きる

これも共依存の関係でも言われていて実際に母親に引き込まれ、鬱はうつると言ってきた。まさに吸い取られるパワーが強くそれに対応するために自分はもっと頑張らないといけないと思い頑張るも打ちひしがられることが多く、、、

期待しないようになって我を殺すようになった。

でもきっとどこかで面倒を見る自分が気持ち良いんだようん。見捨てることも出来ないし、自分で選んでやっていることで、きっと介護から解放されたらたまらなくスッキリするんだろうけど、それも出来ない自分のことをちゃんと理解し、

思い通りにコントロールしようとしているからイライラしている時には落ち着こうと思う。これは10代で気づくのは難しい。今気づいて取り戻そう。

子育てのようだが立場が逆なのでまたちょっと違うんだけどね…。

※私が接したうつ病の人たちの話であり、すべての人に当てはまるわけではありませんしディスるつもりもありません。鬱病の人と接する方が接し方が難しく思い悩んでいる人があるあるっと思っていただければと思います。
⇒ 私が接したうつ病の人たち




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら