テレビなどで母親を介護するのに、赤ちゃんや子供に接するように抱きしめたり腕を組んで笑いながら歩いたり、優しい言葉を掛けたりしている場面があるけど私には絶対にできない。優しくしたいのに出来ない。

そもそも腕を組んで仲睦まじく歩いている母娘などが街を歩いてインタビューにこたえているとかあるけど自分の中には経験がしたこともない光景だ。

そういう子供の頃からの触れ合いや母との関係って介護のときにも大きく影響するのかなって思う。看たいけど触りたくない触れないことが悩みでもある。



愛情持って抱きしめてくれたことがない母の介護で触れたくない悩み


うつ病を患う母は子供の頃から自分のことに必死なためか、私に愛情が沸かないのかはわからないけども、手を繋いで歩いたり、泣いている私を抱きしめてくれたり、一緒の布団で寝ると言ったことが一切なかった。

子供の頃からスキンシップは愚か、母の食べかけのものや、母の飲み物を飲むなど考えられずどちらかと言うと潔癖症なのかなと思っていたけども、私にとっても何かしら母との関係に距離感や拒否感があったのかもしれない。

出て行けと言われてでていったまま、20年ほど経過したときに介護状態になりともに過ごすけども、やはり布団をかけてあげるという行為だけでもすごく勇気がいる。とにかくトイレには自分で行けるようになったこと、お風呂に入れるようになったことが救いで、私にとって、母と触れることが難しいことがわかった。

冷たいと思うけどどうしてもできず、そんな中、NEWSな2人で介護問題のコーナーが有り、介護離職の問題を訴えるといった企画の際に、ドロンズ石本さんや、アナウンサーの方などが母の介護の様子をうつしているのをみて、私はあんなに優しくできないよな…

と、自分の出来なさ加減にとても自己嫌悪に陥った。介護という問題はみんな同じでそれぞれの悩みがあるけども、触れることが難しいというだけで愛情表現が全然できないなと思った。

あんなに優しく接してくれる娘や息子だったら母も幸せだろう、でも私にはなかなかできない。優しくしたいのにできない。ただ、今生きていることだけには感謝して母にもしものことがあった際に、自分は十分やりきったといえるように看ていきたいと思う。

父が死んだときに学んだ教訓だ。

きっと自分が後悔したくないと言うだけで、母のためというよりは自分が残されて悔やまないようにやりきるという任務的なものがある。母との関係のわだかまりはたくさんある。今日も朝から厚意を罵られたし嫌な思いもした。それでもやり続けること。最後までやりきるのだ。

もっと悪化してきて私のことがわからなくなったら割り切ってできるのだろうか?親に子供と認識されないと悲しいと言うけどどうだろう?意思がなくなれば他人と思ってもらえるのでもっと触れることができるような気もする。ただ徘徊とか暴力とかいろんな問題で振り回される厳しさはあるけど、

『わからない人だから』と思えるだけで、満たされない気持ちややることなすこと批判されたり、愚痴をこぼされたりする現在よりは救われる気がする。これももともとの親子関係で考え方に違いが出ると思うけど、一言だけでいいのにってことも言えない人なんだという状態にまでなると自分の中で納得ができるのかな

その日まではまだまだ長いと思うけど自分にゆとりを持って母と過ごしていけるようになりたい。介護状態がもっと悪化して触る必要がでてきたときには私が母をさわれないという問題を克服できているといいな。

※私が接したうつ病の人たちの話であり、すべての人に当てはまるわけではありませんしディスるつもりもありません。鬱病の人と接する方が接し方が難しく思い悩んでいる人があるあるっと思っていただければと思います。
⇒ 私が接したうつ病の人たち




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら