父親のうつ病の自殺で一番悲しんだり怒ったりしたのは弟だと思う。弟はまだまだ子供だったけど父親のような仕事人間でストレスだらけの癇癪持ちにはなりたくないと誓って結婚して子供もいるけど結局父と同じように仕事人間になっている。それを自分も認めているのだけど…



鬱病の父親みたいになりたくないと言った弟も同じ生き方に

うつ病 弟
弟にとって父親は特別な存在だろう。男同士というのは違った絆があるに違いない。仕事で顔を合わせることもなく、出かけることも少なかった我が家では父親がたまに早く返って来ると怖くて子供部屋に逃げていた。父に捕まった弟は恐怖のキャッチボールをさせられる。本気で怒りながらキャッチボールをするので弟からするとゆううつでたまらない時間だったようだ。

おとなになって笑い話で話しているけどそれほど印象深い出来事だったと思う。弟は結婚をし子供もいる。私は父の血が流れていることを恐れ、仕事のし過ぎに注意をしていた、でも自分も仕事人間なので説得力がない。【似たくないところが似るんだよね、気をつけよう】っていうのが合言葉。

父親のうつ病の自殺は弟にどう影響しているのか?

父親がうつ病で死んだ時には弟はまだまだ理解できなかったと思う。母からどう聞かされたのだろうか。弟は知らずにおとなになったはずだ、いつかは聞かされたかもしれないけど、私にとってその部分に関して聞けないでいる。ただ弟が父と同じように仕事人間になり家族を疎かにしてしまいがちなのは事実で、

それを奥さんがどう理解して子供に伝えるかによっても家庭環境は変わるだろう。見守るしかできないけど、弟が仕事をしすぎてうつ病にならないことだけは祈る。一生懸命打ち込んで何かを埋めている気持ちはわかる。社会貢献活動も懸命にしている、きっとそれは家族のためではなく自分のためだろう。私もそういうところあるからわかる。弟よ、お互い父のようにならないように気をつけよう。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら