私は母と父のうつ病や発達障害、過呼吸にパニック障害など様々な病により幼少期から心と生活を親の病気の心配事に支配されてきた。父は自殺したけど母は病に倒れ現在介護中。

そういう経験から自分は絶対に自分のことで家族にお金や時間を使ってもらいたくないと思っている。きっと、親のことを自分の意志でしているつもりでも実は納得いってないかもしれないね。

自分が嫌だから人にはしないってことかな・・・



秋野暢子さんが娘のためにも日本尊厳死協会に入会


今日ヤフーニュースで秋野暢子さんが60歳になって日本尊厳死協会に入会し、あきのさんの母親も入会していたこと、そして母の最期を尊厳死で見送ったことがきっかけらしい。

さらに娘さんに迷惑をかけたくないということ。

まさに私も、自分が病に倒れ寝たきりで入院せざるを得なくなったり人工呼吸器で延命されることで身内の誰かの手を煩わせたり時間を割いたりすることにすごく抵抗があり、死ぬならスパッと死にたいと思っているので興味深く読んで

はじめてしった日本尊厳死協会のホームページを検索した。

日本尊厳死協会の目的
自分の病気が治る見込みがなく死期が迫ってきたときに、延命治療を断るという死のありかたを選ぶ権利を持ち、それを社会に認めてもらうことが目的

リビングウィルとは?
日本尊厳死協会は、治る見込みのない病態に陥り、死期が迫ったときに延命治療を断る「リビング・ウイル」(終末期医療における事前指示書)を登録管理し、各人が署名したリビング・ウイルを医師に提示すれば、多くの場合、延命治療を施されないことになる。人工呼吸器や胃ろうなどによって「生かされる」のではなく、安らかで自然な死を迎えるために、元気なうちに作成する人が多く、病を患って自然な死を望む人が署名するケースも増加。
その主な内容は

○ 不治かつ末期になった場合、無意味な延命措置を拒否する

○ 苦痛を和らげる措置は最大限に実施してほしい

○ 回復不能な遷延性意識障害(持続的植物状態)に陥った場合は生命維持措置をとりやめてほしい

というもの

日本尊厳死協会HPより引用
http://www.songenshi-kyokai.com/about/purpose.html

一般財団法人 日本尊厳死協会
JAPAN SOCIETY FOR DYING WITH DIGNITY

〒113-0033 東京都文京区本郷2-27-8 太陽館ビル501
tel 03-3818-6563 fax 03-3818-6562

満15歳以上で意思表明能力のある人なら誰でも入会OK。年会費は2000円で終身の場合は70000円のようだけど、問い合わせで資料請求ができるらしい。

私も家族に絶対迷惑をかけたくないのでこの情報はとても有益だった。秋野暢子さんの記事をアップしてくれたヤフーニュースに感謝。

秋野暢子語る尊厳死への準備「娘のため延命治療拒否します」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00010006-jisin-ent


新・私が決める尊厳死 「不治かつ末期」の具体的提案




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら