知人がまさかの離婚をした。家族を大事にしてマイホームも建てて日曜日には子供のことに一生懸命になっていたけど奥さんから一方的に離婚をつきつけられた。まさに青天の霹靂というやつかな。おまりにも急なことと今まで家族のために頑張ってきたのにという虚無感で鬱病になった



離婚でうつ病になり音楽に没頭する男性の話

離婚子供
仕事から帰ったら子供をお風呂に入れて、ご飯を一緒に食べて寝かしつけて、休日は一緒に遊んで…という日々が急に家族のために建てたマイホームに一人になり静かすぎる夜に静かすぎる休日。あまりにも急激な孤独と離婚裁判でうつ病になった男性。

このままではいけないと没頭できることを始めようと音楽を始めた。ギターを買い、無我夢中で寂しさを紛らわすようにした。彼女を作る気持ちにもなれないため心にポカリと穴が空いた時にギターをかき鳴らして過ごしている。

彼いわくギターをしていると鬱病の症状は和らぐとのこと。楽器がひけるバーに入り浸り色んな人とセッションをして楽しむ。でも、疲労と睡魔が襲ってきて寝床につくと急に不安に襲われて逆に寝付けなくなるらしい。それでも帰ってこない人のことを待つよりは前向きになろうと思う気持ちは良い、ただどうみても躁鬱は改善されていないように思う。

奥さんが旦那さんの文句を言うと子供はそちらを信じる。そうすると父親としての責任や思いも届かない。頑張っても何しても母親のブロックで何も伝えることができない。そういうジレンマを抱えながらも子供がおとなになった時に胸を張って父親ですと言えるオトコに戻って欲しい。家族というのは大事なんだな。

最初から孤独のほうが良いかも…

私はばらばらで孤独だったし未だに同棲もしたことがないので人がいなくなって寂しいということを感じたことがない。友達を見ていると、私も家族を持つことが怖くなる。そう、私もすぐに家庭が壊れてしまう気がするからだ。ひとりきりに戻って寂しく病んでしまうよりは一人でいたほうが良い。

音楽は鬱病の彼を救うだろうか。少なくとも音楽に携わっている間は満たされるようだけど、結局心の拠り所がないと何をしても治らないのかもしれない。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら