世の中には自分の心の中には浮かばない恐ろしい犯罪がある

その中でも無差別殺人というニュースを見て

当たり前の朝からの、帰らぬ日。計り知れない恐怖と怒りと後悔。



一人で死にたくない?無差別殺人で他人を巻き込む心の歪み


自暴自棄になり町中で暴れた結果、無差別殺人をして自分も死ぬという行為。恐ろしすぎる。普通の精神ではありえないことだけど、こういう人の心理は何なのか?

そこで殺人病

などとネット検索したら実際に殺人病(サイコパス)という情報がズラッと出てきた。

また、自分の不遇な人生に対して世の中に不満を持っていて、幸せそうな人や成功者に憎しみを抱きそれが殺意を目覚めさせるということも書いてあった。

※この度のニュースのこととの関連性をつけるわけではない。スッキリの取材によると幼少期に虐待を受けているといった過去があるらしい。その関連性を深く掘り下げると幼少期の家庭環境ってとても重要だと思う。

自分の不遇な人生を全く関係のない他人を恨むということって本当にあるんだろうか…と自分にはない感情だったけど、そういえば先日見たドラマ

名もなき毒

で出てくる江口のりこさん演じる原田さんがそうだった。

名もなき毒を観て精神疾患や犯罪は紙一重だと改めて実感

きっと本人にとっての正義であり、主張であり、その方法が殺人とか自死とか諸々でその精神世界は経験がないから理解ができないのだけど…

だってこういうことをすると身内に迷惑が…とか考えるし…でも心底愛を知らないと浮かばないのかもしれないし、そもそもの根本が家族に対しての憎悪で、その矛先が世間に向いているかもしれないしね。

自分の正義が世間とずれていて犯罪だとは認知していてもコントロールできない苦しみも抱えているからこそ責任逃れや絶望感で自死までに至るのかな…それができる限りの伝え方や表現なのかな…。無差別殺人とか心中殺人でのちに自分も死ぬっていうのは、一人で静かな自死とは違うよ全然。

理解できないことなので答えは出ないし味方や擁護をすることもない。かといって無責任に裁く立場でもない。ただ自分も何かが壊れたときに、突発的にコントロールできない恐ろしい出来事を起こすかもしれないという妄想もしておいて、そうなる前に心のケアをする自覚をしておこうと改めて思った。

お酒もやめているので良かった。今は正常な精神でいられなくなるという嗜好物(アルコール)には絶対に手を出さないと決めている。心が強くないしネガティブで希死念慮が強いため、酔っ払って迷惑をかけたり口論になったり泣き沈んで勢いのあまり自死ということもしかねない。今の自分は注意が必要。

こうやって客観視して書けるだけ大丈夫なんだとは思うけど。

名もなき毒 DVD-BOX [ 小泉孝太郎 ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら