今日はお盆ということで今まで父の自殺を受け入れていなかったし誤解していたけど、自分が母と済むようになってカサンドラ症候群なるものを知り、

そういったことも父親のうつ病、そして自殺への要因になったことに気づき、家族を捨てたとか、自分勝手なんじゃない、逆に自己嫌悪からだということなど、今更ながら理解できたことも伝え今日は朝からお経を読んで本心を告げて…としたつもりだった。

その後…罰当たりなことが。



罰当たり…仏壇の蝋燭で危うく火事になりかけた


蝋燭の火を消して洗濯して母をデイサービスに送る前に、いわなくてもいいのに母に自分の生きる価値観がない苦しみを吐露してしまい、色々自分を責めている胸の内を話してしまった。

ネガティブなことを聞かされる方は嫌だと思うし、いくら発達障害とはいえ少しは私の苦しい気持ちを察することができるだろう。介護士さんが迎えに来るのにもかかわらず、私は泣いてしまい、目が赤い状態で見送った。

そうすると何やら香ばしい匂いがするのでご近所さんが朝にトーストを焼いているのかと思って洗濯物を干しに仏壇のある部屋を通ると、

何やら炎が!

よく見たらお供え物のお菓子の箱が燃えていて、香ばしい匂いの正体はこのお菓子の箱とお菓子だった。

私は慌てて燃えたままの箱を素手で持ち、走って洗面所で水をかけ、間に合ったのは良いけども、危うく火事になるところだった。

お盆でお経を唱えて気持ちを吐露した私、母にまで伝えてしまったことを父は怒っているのかもしれない。そう思って、でも消したはずの蝋燭がなぜ?1本だけが倒れてなくなっていたので

おそらくその蝋燭が倒れたと思うけども、今まで蝋燭が倒れたことがないのに、、、と思い起こすと、

長いお経を読んでいるときに、蝋燭が無くなったので蝋燭台に追加してまたお経を読んで上の炎は消したけども、亡くなったはずの蝋燭の導火線か何かがまだ小さな火をもっていて下側から蝋燭が燃えて溶けていき、蝋燭立ての機能を果たさなくなりそして倒れたんだと憶測。

鬱状態になるといろいろ散漫になり二次災害が起きることがよくわかった出来事

しかしお供え物1つだけで済んで良かった。

母のことちゃんとできていないことの忠告だったのかな。父が自殺した理由について私が間違えた解釈をしていると思ったんだろうか?とにかくきっと父は怒ってるんだよね?母の介護も心のケアもちゃんとできない自分が本当に嫌になる。

とにかく今日は蝋燭は消したつもりが下からの火で燃え、そして倒れるということを普段なら推測できたんだろうけども、そういう注意力にかけていた。たまたま選択の日だったから気がついたし父からの警告でボヤで済んだんだろう。

集中力や注意力がないからいつか大きな事故をしなければいいが…。鬱状態になるといろいろ散漫になり二次災害が起きることがよくわかった出来事だった。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら