夕方に

⇒ 過食嘔吐の依存の時は通勤の駅のホームでもお菓子を食べていた

を書いたけど、昨日、人身事故で電車が止まっていて、そのときにちょっと昔の自分を思い出したから。



電車の人身事故で完全自殺マニュアルを思い出す


学生の頃、ゲイの友達が購入した完全自殺マニュアルを読んだ。彼も生きづらさを感じ私も家庭の問題で生きづらさを感じていたので本当に死のうと思って読んでみることにした。


完全自殺マニュアル 鶴見 済

1993年(平成5年)7月7日に、太田出版から発行された『完全自殺マニュアル』(かんぜんじさつマニュアル)は、鶴見済の著書で、様々な自殺の方法が書かれている100万部以上を売上げるミリオンセラー。生き辛さを訴える先駆けでもあり、この本は賛否両論だったけど、自殺者の心の弱さを責める風潮が減ったといわれている。

この本には痛くない死に方やきれいな死に方、迷惑をかける死に方など様々な死に方が書かれていて、例えば(記憶違いなら申し訳ない、なんとなく覚えていることで)

飛び降り自殺をした場合…

  • 何mの高さからなら落下途中で気を失うので地面に打ち付けるときに痛みを感じない
  • 飛び降り自殺をした場合下に誰かがいて巻き添えにしたら遺族が賠償金を払わねばいけない

など書いていてじゃあ飛び降りの際は人通りがないところを選ばなきゃと思った。

首吊り自殺をした場合…

  • 美しく死ねない
  • おもらしをする

など書かれていてこれは嫌だと思った。

電車に飛び込み轢死した場合…

  • 内臓が飛び散る
  • 死体が汚い
  • 電車を止めた賠償金が家族に請求される

的なことが書かれていて、これは家族に迷惑かけて大変だ!と思った。だから飛び込み自殺だけはやめようと。現に、昨日人身事故で電車が止まっていたのでそのことで仕事に支障をきたした人もいるだろうし、大切な人の見送りに遅れた人もいるかもしれない。ダイヤの乱れ足止めで多くの人に迷惑をかけた上、運転手にトラウマも残し、身内には損害金という迷惑をかける。
死んでまで迷惑かけるのはだめだと思った。

そして醤油をコップいっぱい飲んだら死ぬという内容が確かあり、(多分、、、この本だと思う)友達と試してみようと、醤油をぐびっとのんだ。するとめちゃくちゃ気持ち悪くなりコップいっぱいは飲めず…熱っぽくなって終わった。

もしあれで本当に死んでいたらと思うと…怖い。若いときの影響って恐ろしいと思う。たまに友達と一緒に自殺をしたというニュースを見ると、気持ちがわかるもの…。思春期ってそんなことあるよね…

その友達はゲイで先生にバカにされ将来の夢を鼻で笑われた。それでずっと恨んでいたけどもそのゲイの友達は、自分のしたい仕事をアメリカで叶えることが出来ている。ふたりとも醤油で人生が終わらなくてよかったと思う。

この著者が言いたいことは、いつでも死ねると思って生きたら気が楽になるということや自殺は弱いものがするという社会的風潮に風穴を開けたかったと。


完全自殺マニュアル 鶴見 済

私自身、読んで勉強になったしとにかく無計画にしては迷惑をかけたり失敗して痛い思いをしたり借金ができるだけだから完全にしなきゃいけないと学べた。もちろんうつ病で衝動的になるとそんなことは考えられないと思うけど、この本を読んだおかげで衝動的で人に迷惑をかける希死念慮は抱かないと思う。

最近ではすべて無料で暮らすための「カネ無し生活」マニュアルを書かれている。

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら