うつ病や摂食障害、発達障害や統合失調症やクレプトマニアにアルコール依存など精神疾患による病気についての日常などをブログに書いていると同じように悩む人やその家族がブログ記事を読んだりする。

私もそれで気づくことや学ぶこともある。その中でもし、それは違うなと思った場合はそういう考え方もあるんだなと読むことを辞めるだけなんだけど

中には攻撃的なコメントとか批判、自分の意見を頭から押し付ける人や間違いの否定などを憎悪を込めて各人がいる…



精神疾患に対するブログの攻撃や否定に押しつけに必死な人こそ…


もちろん、素人が書く記事で体験談なので専門知識は医者のようには行かないし、不足していたり誤って捉えていることもあるし、家族構成やバックボーンによっても症状や受け取り方や価値観が違うものだ。

そこで例えば間違えたことがあったとして。

  • 絶対◎◎⇒絶対ではない
  • ◎◎薬は効果がない⇒服用方法が間違えている、あなたに会わないだけで合う人はいる
  • 〇〇票になる人はこんな人だ⇒全員がなるわけではない
  • 私は◎◎病です⇒実は〇〇病ではなく△△病では?

などと言ったことがあったとしよう。

そこで、優しさで教えてあげるのではなく、どこか小馬鹿にした感じとか上から目線でヒテをし、法を犯している夜的な勢いで攻め立てるほか、自分の意見が絶対正しい的につらつら書き込んで優越感に浸ったり。

うーん、自分のブログで書けば?

って思ってしまう。でもそういう人こそ打たれ弱く、それを隠すべく逆ギレでごまかすケースが。

そんな攻撃的になられたら、自分の治癒も含めて自分の悩みや闘病記や体験談を吐露して書いている人がどれだけ落ち込み凹んで消えたくなるか、自己嫌悪に陥り消えたくなるか…10個味方がいても1っ子攻撃されると相当落ち込むよね。

本当に自分も疾患を抱えていたら攻撃したり押し付けたり見下したり、コメントで無名で好きなことを書くのはやめておこうって思えると思うんだけど、ひどく目に余ることが多いように思う。

このブログは最初からコメント欄をつけていない、悩みを聞いてもらって同調してもらったり、交流目的ではなく自分が綴ることを目的としているし、コメントで精神疲弊したくないから…あれたコメント見ると第三者が見ても気持ちが良いものではないよね。

あ、逆に相手の気持ちがわからない疾患があるから攻撃的になれるのもあるのか!

そうか、そう考えると、頭ごなしに否定したり攻撃したり傷つけることを平気でいったりすることにも悪気がなく、自分が気持ちいから書いているだけであり、相手のことを思いやって教えてあげようというよりは、自分の意志を貫きたい、ってことなんだよね。

ってさ、理解できる方が我慢するパターンだ。でもそう思うだけでブログとかも楽になれるのではないかな?コメントで病んで閉鎖するとか度々あるし、自分も過去に何回もあった…。何気ないことでも敏感で消えたくなるんだよね。顔が見えなくても心臓がぎゅっとなるほど苦しむ時あるよね。

だから私は同じことを人のブログのコメント欄でしようと思わない。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら