私の母はうつ病歴30年にもなる。今は別の病で介護中だけど、家にいるとうつ病が再発するので外に連れだすようにするけど毎回うまくいかない。その理由は気分によってドタキャンしたり、すぐに帰りたがったり色々有るからだ。

そのたびに時間とお金の損失でイライラしてしまうことも。もちろん悪気はないし病気がそうさせるので我慢しなきゃいけないんだけども、そうすればするほど私は自我が亡くなり心が死に、死んだような顔になる。心から笑ったのはいつだろうか?と。



介護中の鬱母と映画・昨日はキャンセルで今日は上映中睡眠…


昨日は⇒ 被害妄想と病院依存により、ネットで予約していた映画のキャンセル。に名分の席代はカードで引かれ、それプラス病院のレントゲン代とタクシー代などがかさみ、

今日こそは観たいという映画を見に出かけることに成功したけど、上演中に居眠り…

なんだかな。病気だから仕方ないけども、せこい話、お金払ってるんだしちゃんと観てほしいと思うわけ。その他食事代とか諸々、そして本を購入し帰宅。なんだか映画を観たことはなかったことになっている。

かといって家にずっといたら鬱でネガティブになりこっちまで引き寄せられるのでとにかく外に出るようにしている。

ここで思うのがうつ病の家族がいる人の苦悩が痛いほどわかるということ。もちろん、うつ病の患者さんの気持ちを理解するべきなんだと思うけど、わかってても出来ないときもあるし、とてもつらく悲しくなりむなしくなる時がある。

これが自分の子供ならまだ違うと思う、でも親だから消費的生活のために働いて、自分は友達も心もお金も失うとなると例えば解放されたときに何ができるんだろう?っと未来に希望をもっていないとやってられなくなる。幸い自分は子供の頃からこの生活を覚悟しているので親がいなくなったときに自分の自由な人生をどう生きるかの未来を描いているくせをつけているため少々マシだけど

描けないまま狭い箱の中で介護や介助している子供は疲れ切って人生を投げ捨てたくなることもある気持ちはとても良くわかる。出口が見えないし逃げ場もないしエイドステーションもない。ずっと休まることもなく走り続けているといつか燃焼しきってしまう。でも投げ捨てたりリタイアすることも出来ないんだよね。だから壊れたまま走り悪循環に。

私はそうならないように脳を騙しているし、自分が悪いと思っている。親を恨んだり文句を言っても現状は変わらないんだったら思考を変えて自分が変われば良い、そう思って暮らしている。

ただ、ゆとりがないときにはやはりイライラするものだ。仕事もうまく行って金銭的なゆとりを手にして母にも優しく接することができるようになりたい。自分の摂食障害も克服して笑顔で笑える日を胸に…そして同じ悩み(親のうつ病で悩んでいきづらい人、自殺遺児など)を持つ人を救えると嬉しいな

っで、今日も過食嘔吐の代替えで、映画を見終わったあとに、ロト6を2口買った。今日購入した宝くじ売り場は多分西向き。買った瞬間から期待していないのでこれも薬を飲んだという行為に落ち着く人のように、ロトを買ったから落ち着く、という状態なのかもしれない。

ロト依存症への道はまだ続く




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら