退屈な人生に絶望して自殺を図ったトワ…

ベロニカは死ぬことにした [ 真木よう子 ]

を今から視聴する。



自殺未遂から余命宣告されたら生きたいと思うか


睡眠薬を服用し…目覚めるとそこは病院。

地獄に来たんだからちゃんと生きなさいよ。

の台詞から始まるこの映画。

ほっといてほしいの、私は死ぬことに決めたんだから…

っと…

医師に

君はなぜ自殺をしようとしたのかと聞かれると…。

退屈な人生にうんざりして自ら命を絶とうとしたトワは、目覚めたサナトリウムで「あと7日の命」と宣告される。隔絶された世界で風変わりな人々が暮らす中、唯一の理解者・クロードと会う。おいしい物を食べること、楽しむこと、美しい音楽を奏でる喜び、満ち足りたSEX、人生を彩る愛しい全てが彼女を変えてゆき、やがて生への欲求が芽生えてくる。

ベロニカは死ぬことにした [ 真木よう子 ]

原作は世界を旅しながら精力的に執筆活動をつづけているコエーリョ,パウロの著書で全世界四五ヵ国、500万人以上が感動した大ベストセラーらしい…。


ベロニカは何かが欠けていた。ある朝、ベロニカは死ぬことに決め、睡眠薬を大量に飲んだ。だが目覚めると、そこは精神病院の中だった。自殺未遂の後遺症で残り数日となった人生を、狂人たちと過ごすことになってしまったベロニカ。しかし、そんな彼女の中で何かが変わり、人生の秘密が姿を現そうとしていたー。全世界四五ヵ国、五〇〇万人以上が感動した大ベストセラー。

28歳で人生を変えるのは遅すぎたとか若さを失って、、、なんでもあるけど何にもないから、退屈だからってさ、、、贅沢な悩みだなあ…。って思ってしまう。でも手にしたものが早い、楽に手に入るとそうなってくるのかしらね。共感する人もいると思うけど、同じ希死念慮でもバックボーンンが違うな。

でもみていくうちに、本心が出てきて…、、、なんでもあるけど何にもない、退屈ということの苦悩を吐き出して自分の本能を見つけ出していくお話。

Hulu

で視聴できるよ。






この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら