うつ病はウザいとか甘えとか、気を遣うとか気分の浮き沈みが激しく被害妄想がすごいので何をされるかわからないし関わりたくないといわれることがある。特に職場。

職場でのうつ病の理解といっても健常な精神の方には理解されない問題はまだまだある。家族や友人、恋人などと違いお金を稼ぎに来ているという他人の集まりだと、

最初こそ理解しようと思われるもやはりめんどくさがられたりするものだ。



被害妄想・うつ病のせいって自分が言うから接する方が腹が立つ


簡単な言葉でいうと、本物の鬱病の人と、自称鬱病の人とでは最初は同じ心配であれ、いずれ、全く相手の受け止め方や受け入れ方が違ってくる。もちろん社内環境や相手にも左右されるが

きっとトラブルを起こしてしまったときや休んだ時にうつ病の人の態度が

  • 迷惑かけたことが心底申し訳なくて消えたくなりそうという場合
  • 【自分うつ病だから】と、全部うつ病で片付けて自分を改善しようとしない場合

ではぜんぜん違う、きっとうつ病だから、と言われると相手はもうそれ以上何も言えないし飲み込むことしかできなくなる。パワハラだとか差別だとかいわれかねないから。

自称うつ病はいつか詐病だといわれることもある。でもそれを言うと理解してもらえない病気だから、と返されたら、理解できないほうが悪いのか…と健常な人は理解できない自分が悪いと思い許容しようと理解する、そこに漬け込み自称ウツは自己愛に満たされる。そして少しのことでも不満に感じるようになる。自称ウツという立場を利用してモンスターのように。

きっと

  • うつ病だから
  • うつ病だけど

の差だと思うんだけど、もともと持っている性格もあるなかなか難しいし決めつけることは出来ないけども、うつ病だから、と自分で言うのといわなくても周りがサポートしてくれたり心配するのは発症する前の患者の仕事態度も左右すると思う。

がんばりやさんで真面目な人こそうつ病になりやすいと言うが本当にそうで、そういう人は自分が鬱病になった事自体が言えなかったり言っても気を遣われるコト自体に気を遣うから隠して頑張るフシがある。そしてうつ病のせいにしたいと思っていないし、うつ病のせいで出来ないことでも、うつ病だからといいたくないことが多い。

だからこそ理解されにくい、声に出さなきゃと思われるかもしれないけど、本当の鬱病の人も自称鬱病の人のことが不思議でたまらないのだ。こういう自称鬱病の人が表立っていろいろ発言するために本当の鬱病の人の立場を悪くしている。





この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら