私は仕事上で相手の悩みを相談されることが多い、特に相手は男性が多いので今まで恋愛と勘違いされたり不倫を申し込まれたりしたことがる。もちろん美人ではない。美人じゃないけど話を聞いてくれるからきっと病んでいる人は落ち着くのだと思う。その中でうつ病の男性に精神依存され仕事でトラブルになった話を少々…



うつ病の男性に精神依存され仕事のトラブルに

お客様は独身男性30代後半、うつ病で退職して精神的にも金銭的にもつらい状況のようでした。色々会話をしていましたが、タバコも吸うし飲酒もすごいようです。お金がないのに飲酒とタバコという依存症は抑えきれないのでしょう。

それは私の問題では無いので深く考えていませんでした。とにかくお客様なのでお客様の抱えている悩みに関して答えつつ、アドバイスもする。何度かやり取りをしていたけどとある日から連絡が無くなりました。

別の仕事のパートナーに『あの人はひどい、あの人は詐欺師だ』などと私の文句をいってきたようです。普通、仕事のパートナーに対してあることないことを言っても、こちらのほうが信頼関係があるのでクレーマー扱いになるのは確実だけど、その分別もつかないようでとにかく私のいわれのない中傷を受けることに。
ikari
何が彼の逆鱗に触れたのかがわかりません。

連絡しても私からの連絡は一切受け取ってくれず返答も返信もないまま。こちらとしてもまだお金を頂いていないので困っていたのですがうつ病のお客様はこの彼だけでなく過去にも未払いで文句だけ一方的に言ってきて、こちらの話は聞かずにとんずらするということがあったので今回もそのパターンかなと思いました。

だから他の仕事のパートナーはうつ病を患っているお客様のことは嫌がり私にいつもすごいねと言われているほど、どうしても引き寄せてしまうようですね。

で、実際に理由がわからないままだったのですが数カ月後にメールでの連絡がありました。

『あなたは僕のことはないがしろにして他のお客さんのことを大事にしてえこひいきしている、僕だけに冷たい、僕の話は聞いてくれないし分かってくれない。僕のことが嫌いなんですね、僕は必要ありませんか?邪魔ですか?』

と言った文面を長々と書いていたのですが、ストーカーの彼氏が恋人の喧嘩や別れの際にいう言葉に非常によく似ているなと思いました。彼はもしかすると恋愛感情に似たものを抱いていたのではないかと思います。精神依存が恋愛と交錯し、コントロールが取れなくなり、急に攻撃的になって消えて、他の人に中傷をする。こういう特徴の方いますよね。

キャバクラとかクラブの仕事ではありません。女を出す仕事でもありません。普通に営業としていたのですがこのように勘違いをされました。これは男性だけでなく時には女性の時もあります。統合失調症を患っている女性が残業をしていた私が居る会社に夜中に訪ねてきたり電話をしてきたり異常な行動になったことがあります。

『私はいなくなったほうが良いですか?』

と言われ、なぜそのようなことになるのかと思いましたが精神依存をしてしまう上に自己肯定感が低いので私に迷惑をかけていることに自己嫌悪になってしまったのだと思います。

私はカウンセラーでもないし医者でもない単なるうつ病の親を持つ一般人。それでも社会に出て仕事をするとそういうお客様を引き寄せてしまうことがあるらしい。きっと最初に話を真面目に聞いて深く共感してしまうから安心されるのでしょう。真剣に心配する。それが伝わるのでしょう。

そのまま仕事がうまく行けばいいけど、何かボタンをかけちがえると瞬時に敵対心や憎悪に変わり攻撃をされることも多く経験した。ドライに仕事の話だけを進めれる人になれればいいのだけど。結局親身になって許容してしまうのである。もしかすると違う仕事のほうが向いているのかな…。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら