現代うつ病に悩む方はたくさんいますがまだまだ謙譲な方には理解されにくい職場のうつ病、本人も辛いですが上司や部下のうつ病の接し方に悩む会社員もいますし会社経営者もいます。



上司や部下のうつ病の接し方や理解って難しい

うつ仕事
上司がうつ病の場合、精神状態によっては怒りっぽかったり、昨日はOKと言ってた案件も今日は棄却されたり批判されたりすることもありますし攻撃的になることもあります。それに苛立ち会社が嫌になってくる部下もいて、うつ病の上司に嫌われている、認められていない、と思い悩み働きたくなくなって会社をやめるケースも。

逆に部下がうつ病の場合接し方がわからずに注意したところ、パワハラだといわれたりいじめだと言われることや、捉え方を勘違いされて上司の悪口を上層部に言ったり労働基準局に相談することもあります。

会社をあげてうつ病の接し方の講習やうつ病の理解を深める講習、個別面談を取り入れているところもありますが、実際に全てを理会することは難しいですね。特に他人であり、更に一日を長く過ごしたり収入やスキルアップが左右される場でもあるので人間関係は重要です。

ただ理解しすぎてうつ病の上司や部下に気を遣って我慢している場合は、ご自身も精神的に疲弊してしまうし思考が引っ張られてしまします。(うつは伝染るという意味でも)悪化する前に社内で対応する必要があります。

私は基本的にうつ病の方を親の経験からいやに思うこともありますが基本的に許容してきました。だから自分が背負ってきたことも多くありますがやり過ぎると真面目な人だからこそうつ病になった場合には、相手も気を遣い、更に悪化することもあるので極力信頼して任せてみて口に出せない悩みを汲みとってみることも必要だと思いますね。

なんで鬱病の人だけ気を遣われて甘やかされるんだ?と他人だからこそ恨みたくなることもあると思います。その部分は本当に難しく、でも社会生活を共存するのであれば時には必要です。理解できるとうつ病の上司や部下に対するストレスも減ってきます。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら