鬱々としていると思考がネガティブになります。何を言われても悪い風に捉えてしまう被害妄想に陥ったり、どうせ自分なんて嫌われている…自分は役に立たない人間だ、悪口を言われている、陰口を言われていると塞ぎこんで人間関係がうまく行かなくなります。



うつと被害妄想で人間関係がうまくできない

うつと被害妄想で人間関係がうまくできない
私も親が鬱病で特に母親と接する時は、なぜそのように捉えるんだろう、なぜ、マイナス思考なんだろうと常にイライラしていました。だから言葉を選ぶようになって常に傷つけないように誤解のないようにと接してきましたが、自分が鬱々した時にはかなりのネガティブです。常に自信がなくて、褒められても嘘ばっかりと思うし、小さな声で話していると私の悪口を言ってるだろうなとか悪いことばかり浮かびます。

これで母や父親がいつも何を言ってもネガティブな被害妄想になる理由がわかりました。しかし、それは自分たちではわかっても外では人間関係にヒビがいきうまくいかないことにつながります。自分が親に対してイライラしたり心配したように、友達や仕事関係、彼氏もきっと疲れることでしょう。だから私はネガティブな時は口に出さず人に合わないようにして、元気になってか外に出るようにコントロールしています。

愚痴を聞くのはいいけど愚痴は言いたくない。そんな私はいつまでも人に心を開かないのかな。今までの彼氏にも弱音を吐いたことがない。気分が悪い日は会わないに限る。甘えれる人が羨ましくも思うけど私の場合相談したことのほうが後悔する性格だ。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら