私は父親も母親も鬱病なので自分はうつ病になりたくないために鬱病の発症には敏感に気をつけていつつもりだけどアルコール依存症のような状態になってから鬱病の危険性を感じて禁酒してから飲み会の誘いも断り人付き合いが悪くなった。その結果、良かったのか悪かったのか…



鬱病が怖くて禁酒して人付き合いを辞めた結果

アルコールうつ
何かと友達と集まるのにお酒はつきもの。そうじゃない関係もあるだろうけども私の場合はお酒の付き合いが多い。しかも全員お酒好きの酒豪だ。そして記憶をなくすこともしょっちゅうで当たり前になっているので無礼講もネタになる

そうやってお酒での失敗を当たり前のように繰り返してきたけど、とある日から罪悪感で消えたくなってきてうつ状態が消えなくなってきてからアルコールを摂取することによりうつ病を発症する原因になると知り禁酒宣言とともに今は人付き合いもピッタリやめている。

それがマイナスになるかなと思ったけど私にとっては清々しい気持ちでいっぱい。もしかすると無理して付き合いをしていたのではないかと思うほど、お酒を立って身辺整理もすると気持ちが楽になったし安心感に満ち溢れている。

サラリーマンだと禁酒は難しいのかな…

これがサラリーマンだと難しかったかもしれない。お客様との飲み会や上司との飲み会、同僚との付き合いなど、断りにくい状況もあると意志が弱いうちは禁酒するのが困難だ。恋人がお酒を呑むことが好きな場合もきっと禁酒は難しい。私は会社員でもないし彼氏もいない、お金もないし調度良かったのだと思う。

アルコールを飲めることは銃な象徴で楽しんでいる省庁でもあると思い込んでいた気もするくらい、アルコールの有無で生活が変わったけどホッとしている。これで鬱病の発症を予防することができれば幸いだ。もう鬱病かもしれないけど私は自分で違うと思っているし発症させないようにこれからも健全な気持ちになれるまで禁酒を続けていこうと思う。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら