私はアルコール依存症直前にまでなり、うつ病を引き起こすと知って、うつ病になりたくない一心で1杯でやめれる強さを持つまではとお酒を辞めた。1滴も飲まなかったけど、禁酒を決め込んだわけではないので気楽ではあった。

先日半年ぶりにビールを飲んでみたところ…




なんてことはない、普通に飲んでしまい500mlを3本飲んだ。1本でやめるとかそんなことは全然できてない。でもこの日は罪悪感もなく翌朝もいしきがちゃんとあったし、きちんと目覚め、禁酒していたのは何だったんだろうと思ったけど

結局その翌日からも飲むことはなかったので常習性からは解き放たれた効果はあったように思う。あのまま飲み続けた日々と半年辞めたこと、やっぱりやめていてよかったと思うし、これからもたまに飲む程度で抑えられるのではないか?と期待している。

でもそれは今、お金がないからであって、お金があればまたお酒を浴びるように飲む日々が再訪するかもしれない。体のことを思うとお金がないほうが良いのか?でもお金がないことは精神的にさらにむしばみ、顔もすぐれず陰のオーラを全開にしているように思う。

アルコール依存症からのうつ病が怖くて禁酒してみた結果、半年禁酒したからと言って、飲めなくなるってことはないんだなあっということはわかった。私は結局一回で飲む量が多いのが問題でそれは過食嘔吐と関連しているのかもしれない。ちなみにこの日は飲んでも嘔吐していない。





この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら