大食いの人は裏で吐いているとか過食嘔吐だとか、下剤使っているとか色々言われるのは昔からだ。それでも大食いの人がテレビや、今はYouTubeでも人気でお金稼いでいるんだから病気ではない人が頑張っているんだろう。

でも、過食嘔吐経験者の自分からすると、観てられない辛い思いをすることがあるので、たまたま観ていたテレビで大食いをみたときは自分の過食嘔吐への欲望を消す回復を測るために観ることもあるけど

大食いを観て楽しめないと思う人のは自分からわざわざ検索してみないようにしている。



大食いYouTuberの裏で過食嘔吐は観ていて楽しめない


もちろん大食いを娯楽として楽しんでみている人に対して批判する気はないけども、自分は気がついたら苦しくなるって話。

なんていうのかな、同じような病を抱えた人、例えば…

アルコール依存症の人が病気を隠して(気がついていなくて)笑っているシーンとか観ると辛いように、薬物依存症の人がテレビに出ているのが辛いように、鬱病の人が鬱を隠して無理して出演しているのを観るつ辛くなるように

同じ病だからこそ気付けることもあるし、心配する反面、摂食障害の場合は特に、病を隠して病を量産する嘘の姿に嫌悪感もある。

大食いって視聴率や再生回数が稼げるから重宝されているし、お金や人気が優先でご本人の体のことは特別な体質だと思っている。病気ではないと思っているのだ。でも実際は大食いは特技ではなく病気でお金を稼いでいるということ…。

だからこそ嘘に嘘を重ねることになるけど顔つきや歯や髪の毛、肌、諸々は嘘をつけなくなってくるし、過食嘔吐の根底にある心の病や空洞みたいなものが埋められなくなりさらに人の意見で精神的に病んだりと、裏の苦悩が蓄積するし、

さらなるストレスがたまり、摂食障害という難病の病気改善が遠のくような気がしてならない。更に真似する人も出てきて同じ病気を量産することにも罪悪感感じるよね。

元フードファイターのバイリンガルこと梅村鈴さんのように摂食障害を克服して苦悩をさらけ出すことは辛かったと思うけど、言えたことで治療することにもつながっているし(過去のブログより)

最近はブログ更新が見受けないのでどうしているかはわからないけども静かに暮らし精神が穏やかであることを願いたい。

⇒ 高須クリニック高須幹弥先生が大食いフードファイターは過食嘔吐?について動画で解説




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら