8月17日公開の『タリーと私の秘密の時間』に主演する女優シャーリーズ・セロンがはじめての鬱を告白した。

その理由は食事にあるという言葉に説得力がある。



タリーと私の秘密の時間・食生活が鬱になる

「わたし、ひとに頼れないの」──仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきたマーロだが、3人目の子供が生まれて、ついに心が折れてしまう。そんな彼女のもとに、夜だけのベビーシッターがやって来る。彼女の名前はタリー、年上のマーロにタメグチで、ファッションやメイクもイマドキ女子だが、仕事ぶりはパーフェクト。荒れ放題だった家はたちまち片付き、何よりマーロが笑顔と元気を取り戻し、夫のドリューも大満足だ。さらにタリーは、マーロが一人で抱え続けてきた悩みの相談にのり、見事に解決してくれる。だが…

『タリーと私の秘密の時間』http://tully.jp/ より

シネマトゥデイの記事によると、シャーリーズ・セロンは役作りのために20kg増量した方法に、まずは好きなものを食べまくること、それが頭打ちして次には糖分をたくさん摂取するために

コーラを1日に12本飲んだりととにかく糖質を含む、食事を過剰摂取した上での増量で、その過程で疲れやすく動けなくなり、今まではシリアスな役でも家に帰ると切り替えて笑うこともできたが今回は全然できず

子供の世話を母親がしてくれたことで助かったとしている。

それくらい体に悪影響があった食生活と体重の増加。

診断は受けていないけどあれは鬱よ

という言葉に納得した。

その他産後鬱に関しても感想を書いていて、体型が変わった段階で子供を産み、すぐに子育てをするなんて私にできるかしら、もっと女性のことを思いやらないといけない。と。

一般人なブログなどで書き綴るよりもこうやって有名な方が配信することで無関係だった人も客観視してそうなんだ、って知ることができる影響力があるよね。

とにかく食事って心と体のバランスを保つのに大事だよね。私は今摂食障害の過食嘔吐からの拒食症だけど脳がまともじゃないのでズシンとくる。

家と言って根本的な心の問題が解決していないので『うつ病にならないために食事が大事』とわかっていても普通の食生活を送ることができないんだけどね。

薬を使わず自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事 [ 宮島賢也 ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら