家族のうつ病のことを調べていたらいつの間にかネットサーフィンをしていて、厚生労働省のサイトで家族の対応などを読んでいるうちにポジティブシェアリングという言葉を目にした。

ポジティブ・シェアリングで疲れやストレスと前向きにつきあえる?


ポジティブ・シェアリング(ポジシェア)は、厚生労働省の『こころの耳』から2017年にできた心や体の疲れとの上手なセルフケアについて、多忙な毎日を送るタレント、歌手、役者、芸人といった著名人の方々にインタビューした記事を掲載しているサイト。

インタビューされている芸能人・著名人は

  • 女優の新妻聖子さん
  • 歌手DJの土屋礼央さん
  • タレントの菊地亜美さん
  • ライフスタイリストの小脇美里さん
  • 芸人のTKOさん
  • ピアニストの清塚信也さん
  • タレントの鈴木奈々さん
  • 歌舞伎俳優の中村隼人さん

2018年2月現在

それぞれの職業や家庭、環境においての考え方やものごとの捉え方などが記載されている。

体験談とか、実践していることというのは胸に響きやすく顔が見えている分、腑に落ちやすいと思う。人は十人十色なので自分とぴったり合う価値観というのはないけども、こういう考え方があるんだなどを知ることでネガティブな感情がポジティブにかわることもあるね。

こころの耳とは…
厚生労働省により 心の不調や不安に悩む働く方や、手助けをするご家族の方、職場のメンタルヘルス対策に取り組む事業者の方などの支援や、役立つ情報の提供を目的に作られメンタルヘルスの不調や過重労働による健康障害に関する相談窓口を設置している、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

「厚生労働省×隣の家族は青く見える」 タイアップ

フジテレビドラマ木曜10時の『隣の家族は青く見える』ともポジティブシェアリングとタイアップしている。深田恭子さんと松山ケンイチ三夫婦が不妊症に悩み、コーポラティブハウスに住む4家族の様々な人に言えない悩みを抱えた様子を伝えるドラマ。

不妊症に悩む夫婦
ゲイカップル
旦那様の無職を隠し良い家族を演じる妻と母の顔色をうかがい塾に通う家庭
子供が欲しくない女性とバツイチで子供がいる男性の事実婚カップル

このドラマ、深田恭子さんがかなりいい人で落ち着く…。あと個人的には橋本マナミさんの秘めた恋、クールだけど深い愛もいいかな…迷惑かけないように相手を理解しながらも見守る感じが共感。幸せになれないかもだけど愛の深さは人を救えるね。

高橋メアリージュンさんについての書籍
⇒ わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして・お金がないのは不幸か?

ドラマ内でのマグカップ

【劇中使用】隣の家族は青く見える 五十嵐家 マグカップ




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら