笑顔が素敵で愛嬌のある奇跡の38歳といわれた遅咲きのキャスター丸岡いづみさんがうつ病で急病していたこと、今はご夫婦でも笑顔でテレビに出ているので知らない人もいるかもしれない。

テレビであの笑顔をみてうつ病だったと思わないくらい仕事の役目をこなし、相手(会社や視聴者)のことを考える真面目な方だったんだなと思う。



仕事休んでうつ地獄に行ってきたの丸岡いづみさん

うつ病を発症した原因の1つに東日本大震災のPTSDがあるとされ、原稿も読めなくなるほどになり休業後、実家で療養するも「幻聴」と「幻覚」で母親に殺されるかもしれない、っと真剣に思っていたほど鬱病の症状が悪化し強制入院から復活をされた告白本として

著書⇒仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]

では時間とともにうつ病の症状が悪化してゆく様子がリアルに記されている、仕事でできなくなってくること、職場環境、家族との関わりなどそのためうつ病の方や家族の方にも乗り越えた過去を読むことは良いのではないかと思うし、ご本人も旦那様の有村昆さんも、役に立てれば…と願って告白に踏み切っている。

代理出産で46歳でママに

丸岡いづみさんは2度の流産という経験もしている。

不妊治療をするも、妊娠しても出産に至ることが難しく、日本では認めてイラレに体外受精にてロシアの代理母が出産をし、第1子となる3400グラムの男児が1月3日に産まれ46歳で母になった。

幸せになって欲しい。


仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら