ビリギャルで主演をされていた有村架純さん、今回、NHK連続テレビ小説の『ひよっこ』の役作りでいなかっぺを演出するために5㎏体重を増加したとか…。

しかも集団就職で東京にいき、その後、起きる出来事により身も心も引き締まっていく感を演出したかったということで役作りで増量し、次は絞っていくというプロ根性…

摂食障害を持つ場合にはなかなかできない恐怖の役作りだと思う。



役作りで5キロ増量の有村架純さんは過酷なダイエット経験者


摂食障害を患っていると5㎏増加するなんてことが考えられなくて怖くて怖くて仕方がないし、その姿がみんなに見られると思うと気が狂いそうになる。

役柄で増量して、減量するという心構えは本当に仕事として向き合っているんだなあと思うと尊敬。そして太れる、ということが健全な精神なんだと思う。いくら役作りでも摂食障害の場合は難しいしね。

男優でも松山ケンイチさんが棋士の役で激太りしたり鈴木亮平さんも激太りしたり、病人役の永瀬正敏さんが激やせしたりとかなにかと体重の増減での話題を見るけど本当にすごいな、、、っと思う。

女優さんでも太ったり痩せたりと役柄でコントロールして、それをスクリーンやテレビ画面で映し出せるのは女優という仕事の凄さを感じる。もちろん体重を管理する指導者もいると尚更安心してできるんだろうけども、

有村さんがインタビューで『体重を減らすのは大変ですね』といっていることにも健康的だなととらえた。

しかし、有村さんは過去にウエストが55㎝になりたいといって過酷な小食ダイエットをしていたことが雑誌取材で告白されていて、「ar」(主婦と生活社)2016年12月号で、風呂上がりのストレッチや縄跳びやウォーキングをしていると告白されてた。

それで女優魂で5㎏太ってまた撮影のために戻していくのだからストイックな食事制限と運動を取り入れるんでしょうね。

映画 ビリギャル スタンダード・エディション [ 有村架純 ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら