蒼井優さんと山里亮太さんの結婚により様々な記事が飛び交い、なんというか過去の男性とのこととか落とせなかった男とかなんだかとても気の毒になるくらい…。

その中で違う目線で気になったのが

痩せ姫 生きづらさの果てに [ エフ=宝泉薫 ]

の著者の宝泉泉さんの記事。サラッと読み過ごすことはできなかった。



蒼井優さんの摂食障害にならないメンタルと女優の過食嘔吐

蒼井優、結婚会見「涙の理由」 「魔性の女」の呪縛から解放された日
魔性系女優の代表格が、大竹しのぶだ。蒼井はこの大先輩と、2007年の映画「クワイエットルームへようこそ」で共演した。それも、同じ摂食障害(嘔吐タイプ)患者の役だ。大竹の怪演はいうまでもないが、蒼井も7キロ痩せるなどして迫真の演技をした。女優が役作りのために減量をすると、そのまま摂食障害になってしまうケースも珍しくないのだが、彼女はそうならず、メンタルの強さを感じさせたものだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00000025-sasahi-ent&p=2

過去記事↓
クワイエットルームにようこその蒼井優さんの拒食の理由に共感

で、なぜ結婚に関する記事なのにサラッと読めなかったというと

女優が役作りのために減量をすると、そのまま摂食障害になってしまうケースも珍しくない

の部分、やっぱりそうなんだっと感じた。なぜならこの方は痩せ姫などの摂食障害に関することの本を書いたりしていていろいろ取材や調査とかしているので真実味があるなと思ったから。そしてw自分も一般人とはいえ摂食障害だからどうしても心に引っかかり読み過ごせなかった。

特に女優さんは役でモデルの役とか精神疾患の役とかいろいろあるのでそれに寄せていくことでメンタルが持っていかれることもあるんだと思うし、摂食障害というのは魔の病気なので抜け出しにくいよね。

ずっと昔、まだ学生時代だった頃に、大沢たかおさんと鈴木京香さんの 

オンリー・ユー愛されて

というドラマがあって、モデルだったか女優だったかの役で鈴木京香さんがコンビニで菓子パンなどを爆買いしてか過食嘔吐しているシーンがとても印象的だった。あとは寺島しのぶさんも映画で過食嘔吐のシーンがあったように思う。物語の一部のさりげないシーンではあるけども結構重たいことだよね。

あとは最近でいうと、沢尻エリカさん主演のドラマのファッション誌のマウンティングの世界で佐々木希さんがモデル役で過食嘔吐や痩せるサプリ?下剤?を飲んでいるシーンも有ったなあ。

女性だけでなく、男性の俳優さんも最近の若い方は細すぎるよね。で、たまにバラエティーに出てると今減量中なのでと言っている方も多く、菅田将暉さんとかもガリガリ…。あとは漫画やコミック原作の役になると王子様みたいな体型で再現しているので体が商品だとはいえ大変だあ。っと思う。

安藤サクラさんの百円の恋での体型の変化もすごかったね。だらしない体から引き締まるまで短時間。

俳優さんって体質が痩せ型だから、配役されただけではなく、配役されたから寄せるために体作りしてるんだよね。確かに、痩せたあと太るのって怖いから、役のために増量される俳優さんもメンタルすごいと思う。太るってやっぱり不安だよ。太ってる自分が映像に残るとかも役とはいえやはりいろいろ言われるから、強い精神で仕事だからって言えるのはかっこいいね。

鈴木亮平さんの役作りの大幅体重増減について…たまむすびより




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら