今はSNSの普及でツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどで友達との集合写真や恋人との2ショット、自撮り写真を載せる媒体が増えているが、

自分は絶対に写真を載せることはしたくない。子供の頃から遠足や運動会での写真、卒業アルバムなど本当に嫌だった。

社会人になって旅行でみんなで撮影する写真などを一応溜めていたけど、前にアルバムを破棄し、写真は全部燃やしたので私は自分の写真がまったくない。それが心地よい。

頑なに写りたがらないので支障をきたすこともある。



写真に写りたくない・卒業アルバムや証明写真・集合写真が苦痛の心理は?


例えば友達とのFacebookに載せる写真だからと言われたら、写真が嫌いだからといってごまかせるけど、会社での慰安旅行とか、なにか表彰されたときなどの撮られる写真、取材などそういう断りにくいものに関して写真が嫌で辞退することもある。

本当はもっと表に出て写真もバンバン出してとしていたら顔が見える信頼として仕事が増えてうまくいくこともあるかもしれないけど、自分の写真を見ると嫌悪感が出てきて心底嫌になる。

旅行などの写真ではそっといなくなるんだけど見つかって断ると空気が読めないやつになるので仕方無しに映るので下を向いていたり優雨鬱な顔になり余計に気持ち悪い顔になるからうんざりする。

写真は真実を写すというらしく、まさにこの気持ち悪い自分が真実なんだけど、人から見て本当に気持ち悪いんだなと痛感する。

写真を嫌がる心理には 自分に自信がない、本音を見せたくない、ということもあるらしく、どちらもたしかにそうだなあ。愛想よく笑顔を作るのも嘘だし、普通にしていても気持ち悪いしね。

フエイスブックとかやってた頃、知人と写真をと言われた時にいつも入らないようにしていたことでノリが悪いとか友情がないとか理解されないこともあった。

ハッキリと写真が嫌で自分を見るのもストレスなんだといっても、気にしすぎだよ、思い出じゃない、大事にしようよ、意識しすぎだよと言われる。

見事に写真がないのできっと葬式のときの遺影の写真を探すにも身内も困るだろうなと思う。それくらい写真がない。私はいらないけど、免許証の気持ち悪い写真を引き伸ばして遺影にするしかないかな…。

醜形恐怖症もあるのかしらね。

自己愛危機サバイバル 摂食障害・醜形恐怖症・自己臭恐怖症の克服・治療 [ 熊木徹夫 ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら