妹を少年A(親友)に殺害された被害者家族と加害者家族、そして加害者少年Aのことを描いたドラマ、

それでも、生きていく

観ていけば行くほど辛く苦しく、どうやっても被害者家族も加害者家族は償えないのか、苦しみから開放されないのか、いろいろ探りながら観ているけど、、、

加害者である少年A(風間俊介さん)の心の闇も浮き彫りになってきた。



それでも生きていく、辛い苦しい…


話の最後のあたりに、父親が家族を顧みず、母親が疲れて自分の目の前で自殺したという傷を抱えていることがわかり、父に対する恨みや、父に見捨てられていること、父から愛情を受けていないということなどがわかり

それでも犯罪は許されないことなんだけども、なんというかもう、、、保護司も含め、この登場人物全員が痛みを抱えていて観ていても苦しい、でも一気に観てしまう。

『それでも、生きてゆく』(それでも、いきてゆく)は、2011年7月7日から9月15日まで毎週木曜日22:00 – 22:54に、フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。1996年夏、深見洋貴(瑛太・弟田中圭)の妹・亜季が洋貴の友人である少年Aこと三崎文哉(風間俊介)によって殺害された。この事件によって深見家は家庭崩壊し、洋貴は父(柄本明)とともに釣り船屋で働いて過ごしていた。

一方、少年Aの家族は密告者からの嫌がらせをいたるところで受け、そのたびに引っ越しを繰り返していた。父親(時任三郎)は子供のために母(風吹ジュン)と離婚し、子供(満島ひかり)に母親の姓を名乗らせるなど対応していた。

そして、2011年夏…↓




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら