フジコは見えと美容にはお金を遣いスナックのママとして働く母親から給食費ももらえず体操着などろくに買ってもらえない上に、DVを受けて一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。

節々にでてくる『カルマ』

あなたもどうせ母親のように殺人鬼になる、あんたは生きてても母親のようになるだけ。と母の呪縛から逃れるべく自分は母とは違う!というのだが…、彼女の人生は、いつしか狂い始めた。

母の虐待や殺人はカルマ?尾野真千子さんのフジコを観た感想


まず、書籍で話題となり凄惨な内容と驚きの仕掛けから、長らく映像化不可能といわれてきた小説だけど

殺人鬼フジコの衝動(徳間文庫)真梨 幸子著
十数人を殺害した罪で死刑になった伝説の女、通称“殺人鬼フジコ”。彼女は、11歳のときに起こった一家惨殺事件のただ1人の生き残りだった。悲劇を乗り越え新しい人生を歩もうとしていた少女は、なぜ稀代の殺人鬼と恐れられる悪女へ変貌したのか。フジコを知るある人物の遺した記録小説という形で、謎と悲劇に満ちたフジコの一生を描いていく。

十数名を殺害した伝説の殺人者フジコ。少女はなぜ殺すのか。最後の一行を読んだ時、切なくも驚くべき著者の仕掛けに驚愕必至

Hulu

が日本向けサービスにおける初のオリジナル作品としてドラマ化が実現、尾野真千子さんが主演。尾野真千子さんの子共時代役は小野花梨さん

尾野真千子さんは当然ながらこの小野花梨さんも殺人鬼としての演技がすごい。ことごとくなにかがあるとリセットとして殺人をする。

母とは違う、と生きようとするも自分も子供に対してDVやネグレストをするようになる。母にされた嫌なことや嫌な言葉をぶつけるようになる。カルマ、、、カルマ、、、

カルマとは宗教的な用語だけど、ざっくりいうと悪事は繰り返されるってこと。。。

カルマの法則とは. カルマとは支払うべき負債のことをいいます。全ての行為は自分に返ってくるので、悪業をつくしたり、いじめで人を死に追いやったりした者はカルマを背負うことになり、必ずそれなりの代償が、現世あるいは来世で支払わされる

最初の夫に、ブサイクだからという理由で愛せないといわれ、その娘に暴力をふるい、おまえはブサイクだ。おまえがブサイクだから貧乏なんだよと罵り、自己肯定感を低くするアダルトチルドレンという言葉が思い起こされる。

しかも自殺したサキコの子供(孫)にまでブサイクという…。

そして娘サキコとの面会の会話でもクズの子供はクズ、クズの連鎖なんだよっと。

このストーリは死刑判決が出た刑務所の中で娘のサキコが自殺する前に書いた手記が出版社に送られ、実の娘(次女)だと隠して谷村美月さんが尾野真千子さん演じるフジコを取材をしていた取材と調査を続けていくうちに、思い込んでいたことと違う事実が思い起こされ、、、思いもよらない結末に…。
Hulu

で全6話配信しているので一気に観たよ・






この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら